スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

検察の考えた作戦 

妻は既に死んでいた。」という私の証言を如何に否定出来るか、あなたならどうしますか。
2階に戻った後も妻が生きていたという証拠を見つければ良いと考えるでしょう。しかし、そんな証拠はどこにもありませんでした。
証拠がなければ、《証拠を偽造すればいい》と検察は考えたものと推測する。
私が事件現場であった1階の階段下から2階に上がった後も妻が生きていたとするには、母がエーテルを使ったという時期をこの時期にすれば可能であることに検察は気が付いたのである。
そこで考えたのは、77歳と高齢の母親を使い、検察が書いた供述調書にサインさせることだった。
母にはエーテルの使用時期に何の意味があるかなど分かるはずがなかった。
母は検察の指示通りの答弁を法廷内で、「はい。その通りです。」と述べた。これによって、調書の中身が正しいものであると認定されたのである。母は検察の指示通りすれば良いと考えていたと思われる。
しかし、たとえ母がそのように証言したとしても、実際に起きている現象から判断すると、供述内容は実際に起きていないことが誰の目にも分かる証拠が【現場写真】に鮮明に写っているのです。
それは、妻は私が雑巾掛けをした後で、調書に書かれている(身体の状態が変化して、上を向いた姿勢になっていた)というような変化もなかったということである。
もし、そのように身体が動いたというのであれば、床に残った雑巾掛けによって平行状の血で出来た痕跡が乱れていなければならない。
その上、血で出来た筋が右足の脹脛の上にぴったりと連続しており、雑巾掛けの時期の身体のあった状態のままであることも示しており、明らかに調書の記述はなかったことを示すものである。

多分、検察はこのブログを見ているに違いない。これまでのわたしの話で間違いがあれば、遠慮せずに反論して来た筈である。
多分、反論できないと考え、息を潜めじっとこのまま何事もなく時間が過ぎるのを待っているのでしょう。
だが、私は勝利の日までこの活動を辞めるつもりはないと宣言する。

警察、検察の行った詐欺行為は決して許すことは出来ない。
このような行為はけっして今回だけではなく、氷山の一角と考えるのが正しいだろう
スポンサーサイト
[ 2008/07/29 13:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://noenzai.blog32.fc2.com/tb.php/10-1a33f7b3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。