スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マスコミは警察、検察の報復に恐れ報道しない 

私が会って話が出来たマスコミ関係は【北海道新聞社】とテレビ会社の記者であり、彼らは、【遺体は全く動いてはいない】ということから『検察調書は明らかに嘘であり捏造されたものである。』と皆認めてくれた。しかし、会社に戻り上司に報告すると何故か空々しい態度に変わるのである。事実を世間の人々に知らせることがマスコミの使命であるはずだが彼らは何故か態度を変えるのである。
現場の記者が私に言っていた。「警察の報復が恐ろしく報道出来るかどうか分からない。」と裏事情を漏らしていた。
警察、検察に不利な報道をすればいろいろと報道ソースが貰えなくなることなど、報道の自由が奪われてしまうらしい。それだけで済めば良いがもっと恐ろしいことも有り得ると言っていた。【警察は日本最大の暴力団だ】と聞いたことがあるが、それでは検察は何と言えるだろうか。私の経験から言えることは、『検察は日本最大の天才的詐欺集団である』と思う。誰にも気付かれることもなく【捏造証拠】を作り上げ、無実である者を罪に陥れるために裁判官を騙し世間をも騙すのである。

今回のように検察の【捏造行為】がバレルという失敗を彼らはしなかったから今まで世間を騙し続けることが出来ただけである。
彼らがどういう形を取ったか別として、【世間が納得出来るストーリーを作り上げ、それを裏付ける証拠を捏造したものと考えることが出来る。
「サルも木から落ちる」「弘法の筆の誤り」である、【嘘の証拠】を今回私が発見出来たものであり、世間に知られてならない事実である。
マスコミは警察、検察の報復を恐れ事実を報道しないのである
これでは戦前の報道機関と全く同じである。【軍部(警察、検察)の報復】を恐れ事実と異なる報道をしたりすることを良しとするのであろう。
正義を守る勇気ある報道機関が現れることを期待しています。
スポンサーサイト
[ 2008/10/07 08:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://noenzai.blog32.fc2.com/tb.php/18-44b61f82


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。