スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2箇所の機関が検察の話に矛盾があると認めた 

平成14年7月に札幌市清田区の自宅で起きた「姑の嫁殺害事件」で、「発見時まだ生きていた妻に対して救命処置を取らず死亡させた。」という検察の捏造理由によって2年6ヶ月の実刑を受けた。
この警察の話は最初から嘘で作り上げられたもので、私の供述していた話は一切報道されておりませんでした。
人間が大量の血を流し、凝血をきたしている状態を見れば、「もう死んでいる。」と簡単に判断出来るでしょう。
発見した時にすぐ通報出来なかったのは、[エーテルの臭い]があり、母の犯行と知られてしまうと思ったからです。母が逮捕され、世間から好奇の的にされ家族がバラバラになることだけは避けたいと考え、エーテルの臭いが消えるまで待つことにしたのです。しかし、当時まだ6歳であった息子によって110番通報されたのです。釧路に行っていた妻の母親(当時私たちと同居していた)が6歳の息子に、「パパがママを殺した。」と言わせたのです
妻は普段から、姑である私の母を苛めており、何度も私から注意されても無視したので、エーテルを見せ、「苛めを止めないなら一家心中するぞ。」と脅したことがあったのです。その話を自分の妹にオーバーに話したのを義妹が真に受け、私が妻を殺したと思い込んだのです。
警察も義妹の話を信じ、私が階段から突き落として殺したと勘違いしたのです。実際は、母が階段から落ちて気を失っていた妻を発見し、日頃の恨みを晴らそうとし、怪我を大きくして長く入院させようとし、以前、妻ともみ合った時に、妻から奪ったエーテルを吸わせ暴行したのです。
麻酔が掛かっていたために、妻は母から暴行を受けた後、そのまま目を覚ますことなく大量出血を起こし、間もなく死んだと思われます。
その時私はベットで眠っていましたが、当時、どうして目を覚ましたのか分からなかったことを良いことに、警察は勝手に、「音によって目を覚ました。」としたのです。
しかし、ずっと後になって気がついたことですが、目を覚ました原因は「尿意」であったと確信しております。

検察は私自身を[共同正犯]と出来る調書に母が署名しなかったため、自分たちの目論見が外れ、せめて私が【妻を見殺しにした】という罪に陥れたかったのです。
その為に、母がエーテルを使ったという時期を実際よりもずっと後の時期にずらし、私が2階に戻った後ということにしたのです。
そうすれば、私が妻を発見した時にはまだ生きていたと判事に容易に思い込ませることが出来るからです。

警察、検察は勝手に事実を曲げ、嘘のストーリーを作り上げて、それに合う証拠を捏造したのです。母の調書がそれであり、その上あろうことに、私が署名した調書を後で[改竄する]という悪質な手口で、[妻が生きていたことを私が認識していた]という嘘の証拠を捏造したのです。

それは、[ううっと声を出した。]とか、[どくどくと血を流していた。]という場面で、脈、呼吸の有無を確かめたという話である。
確かに、私は脈、呼吸の有無を確かめたという話を述べており、それだけの調書に署名した記憶はあります。しかし、私が聞いた調書の中には、[ううっと声を出した。]とか、[どくどくと血を流していた。]という話は書かれておらず、明らかに後から加えられたものです。生きていることは確かめなくとも明らかなのにどうして私がわざわざ脈、呼吸の有無を確かめる必要があったでしょうか。このような矛盾する行為を医学の知識がある私がするはずがないのです。
検察はこのような【公文書偽造】というきたない手を使い、無実の者を罪に陥れるのでしょう。
妻が生きていたという証拠にするために、検察は母の調書を使い、妻が雑巾掛けをして2階に上がった後で、母がエーテルを使う場面を詳しく、リアルに描いていた。それは、身体が動いて仰向けになった状態で、足も警察が撮った写真と反対の形になっていることを述べています。
それから、更に妻が自力で動き写真の状態になったと判事に思わせたかったのです。
検察の思惑通り、判事は妻が自分で動いて発見された形になったと勘違いしたのです。
検察が仕組んだ詐欺はこれによって判事に【妻はまだ生きていた】と思わせることに成功したのです。
私は今日まで詐欺に遭った者にしか分からない悔しい思いで悶々と過ごしてきました。

しかし、ようやく、検察の嘘を証明出来ることに気がついたのです。
それは、とても簡単なことで気付けば、「何だ、そんなことも分からなかったのか。」と言われてしまうかもしれません。

それは、警察が撮った[現場写真]に写っている事実から、[検察調書は虚偽内容を書いてある]と証明出来るものです。

当夜、私は現場に自分たちの足跡が残っていると困ると、何故か頭の中が混乱し考えてしまったことから雑巾掛けをしたのです。
その雑巾掛けで出来た血の筋が何本も床の上に残っており、妻の右足脹脛の上へと連続しています。
写真は、雑巾掛けを行った状態を写している事がこれではっきりと分かるものです。
その後、妻は全く動いてはいないのです。もし動いたりすれば、血の模様が床と足とでずれる筈です。
おまけに、妻が仰向けになったとすれば、血の模様が消えたりずれたりするはずです。まして、麻酔が掛けられた人間が仰向けになったり、うつ伏せになったり出来るはずがないのです。

このような単純な検察調書のミスによって、検察の「嘘」が証明出来たのです。

この内容が事実であるかは事件の鑑識を行っている以下の2箇所の機関によって証明されました。それぞれに【鑑定書】を作っていただきました。問い合わせていただいても良いので電話番号を明記しました。

(株)齋藤鑑識証明研究所 (住所)栃木県宇都宮市上大曽街398-2
     担当者:齋藤 保  (電話)028-611-3141
東京筆跡印鑑指紋鑑定所(株式会社アイリス)練馬分室
     担当者:青木郁剛  (住所)東京都練馬区石神井町3-17-14
             (電話)03-6662-7627
追伸)
死人を放置したことでは[保護責任]を問うことが出来ないことが分かりました。そのことを検察は隠し、何らかの罪に問われるものと私を脅していたのです。
死人が動いて形を変えたという作り話を書いて、私を罪に陥れるため、マスコミを利用し、嘘の情報を流したのです。
これによって、[非情な夫が妻を見殺しにした]というイメージを作り上げたのです。
調書は容疑者にとって大切な証拠でもあるのです。勝手に中身を書き換えることは許されていないのです。
今行われている、調書にサインするだけでなく、契約書と同様に割り印を押させるべきと強く訴えます。


どうか再審請求にご協力いただける弁護士のご紹介をお願い申し上げます。

スポンサーサイト
[ 2010/01/21 17:26 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/11/23 19:35 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/29 14:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://noenzai.blog32.fc2.com/tb.php/24-71b04270


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。